RBA International.

常 嘉煌氏 絵画寄贈除幕式

埼玉県立伊奈学園総合高等学校にて
【8月30日】

去る8月30日、中国人画家・常嘉煌(チャン・チャファン)氏は80号の油絵「崋山」を埼玉県に寄贈しました。この絵画は埼玉県立伊奈学園総合高等学校で展示されることとなり、この日、同校で贈呈式・除幕式が行われたものです。絵画の贈呈は、日中友好と常画伯が埼玉県(川越市)に長く居住させてもらったお礼として常画伯が企画したもので、常画伯がRBAインターナショナルの芸術顧問であることから、RBAインターナショナルが仲介役となり、埼玉県との仲をとりもったものです。


贈呈式・除幕式には、埼玉県教育委員会県立学校部長・藤井春彦氏や同校・杉木貴喜校長、RBAインターナショナル・久米代表などが参加しました。全国マーチングコンテストで金賞受賞など、吹奏楽コンクール上位入賞の常連校でもある同校の吹奏楽部員によるファンファーレとともに「華山」が公開されると、多くの参加者から歓声が沸きあがりました。

藤井部長は「中国と埼玉県内の各市町村との友好交流も進んでおり、この絵画が日中友好の掛け橋となることに期待しています」と挨拶された後、上田埼玉県知事からの感謝状を常画伯にお渡ししました。常画伯は「1988年から2002年まで埼玉県川越市に住んでいました。絵画贈呈は3年前、RBAの久米さんにお願いしていたもので、実現してこんな嬉しいことはありません。鶴の恩返しができました」と絵画贈呈の感慨を日本語でお話になりました。

常画伯は1950年生まれ。1983年に日本に留学。東京芸術大学・平山郁夫画伯などに師事されました。現在、中国美術家協会会員、中国敦煌現代石窟芸術中心法人代表、中国人民対外友好協会特邀理事などの要職にあります。父は「敦煌の守護神」と呼ばれる常書鴻画伯。「華山」は、中国五名山の一つで、常画伯が40年間温めてきた構想を描いたものです。

伊奈総合学園は1984年、県のランドマークとして創立しました。全校生徒2,400名、教職員180名の全国最大級の学校で、科目として中国語などもある語学系や美術科目を中心に選べる芸術系があるユニークな中高一貫校です。文化祭などには父母など関係者1万人が集ることなどから、常画伯の絵画を展示するのには最適な場所として選ばれました。

 

painting.JPG

寄贈絵画 「華山」 2010年8月制作

 

unvealing.JPGwith flower.JPG

                    除幕式                     生徒代表から花束を受ける常嘉煌氏

 

chang1.JPG

常嘉煌氏と埼玉県教育局県立学校部藤井部長

読む 2838 回読まれました
 

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン