RBA International.

画家横山敏子さんのパリ個展 ~第1回目~

パリ日動画廊
【5月28日】

RBAインターナショナルは5月28日、パリの画廊で行われた横山敏子さんの個展を取材しました。

横山さんは和紙や墨などの日本の素材を使い、墨で絵の芯となるモチーフを抽象的に描く墨象作家です。水墨画と洋画を織り交ぜたような画風で、独特の毛筆文字で感性に訴えるメッセージを絵に加えることもあります。「西洋・東洋両方の感性を持って、最期の一筆まで絵を描いていきます」という横山さんは、1970年代にフランス留学、ル・サロン展の会員であり、また中国では西安の芸術学院の客員教授をされています。
「国は変わっても私はあくまで日本人」という姿勢を貫きつつ、国を越えて多くの人に感動を与える作品を産み出す横山さん。RBAは横山さんのこのような姿勢に共鳴し、彼女の存在と作品を広く世に知ってもらうため、この海外取材から広報、支援活動を開始しました。

(第2回目の取材記事はこちらから→ 第2回目

 

yokoyama.JPG

個展会場での横山敏子さん

 

yokoyama exhib.JPG

 

yokoyama exhibit.JPG

 

yokoyama painting1.JPG

個展ギャラリー

 

yokohama exhibit.JPG

日動画廊

読む 3471 回読まれました
 

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン