RBA International.

中国人画家常嘉煌氏が宮城県名取市に絵画寄贈

宮城県名取市立閖上中学校

【3月18日】

敦煌壁画の第一人者であり、RBAインターナショナル芸術顧問でもある中国人画家常嘉煌氏は、宮城県名取市に100号の油絵を贈呈しました。常氏はかねてより東日本大震災の被災者を元気づけたいと希望しておりましたが、津波の被害が大きかった陸前高田市に「希望の一本松」を贈呈したのに続き、今回、RBAインターナショナルが仲立ちして、名取市閖上(ゆりあげ)地区の桜をイメージした「祈願の櫻」を寄贈したものです。

 

unvealing.JPG

除幕式

 

Chang.JPG

常嘉煌氏

読む 1768 回読まれました
 

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン