RBA International.

2011年の回顧と展望 RBAI 会長メッセージ

Message from Chairman

 

たちの日常は、どうしても自分自身で押さえようのない感情の起伏、喜怒哀楽の連続に翻弄され、押し流されている日々です。それが人生といってもいいかもしれません。

 

そのような喜怒哀楽の連続である日常での自身の心の状態は、私たちが意識する、しないに関わらず、自分自身の内面だけの問題に留まることなく、自分自身という人間性から発信する言動、振る舞い(=エネルギー)が影響を及ぼし、外面である生活空間に広がり、人間模様を形作っていきます。

 

昨年、日本には極めて強い「哀」の空間が広がりました。2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による津波と余震、これにより、大規模地震災害が引き起こされました。後に東日本大震災と名付けられたこの災害で、多くの尊き命がなくなられました。

 

んで亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。とともに、この大きな災害に立ち向かう言動、振る舞いも極めて強いものがありました。私たちRBA インターナショナルは、復興を願う他の方々と同じように、復興に全力する地元の皆さま方の健闘を後押しします。

 

私たちの人間社会では、「私一人」という存在はありえません。一人だけの幸せはありえないのです。一人の幸せは自他ともの幸せがあってこそもたらされるものなのです。だからこそRBA インターナショナルは、自他共の幸せを願い活動するのです。

 

私たちRBA インターナショナルは、国民のために夜も寝ず自分事として救援、復興に全力を傾注する自衛隊の皆さま方に感謝の意を表します。と同時に、RBAインターナショナルも自衛隊の精神を見習い、日本国のために全力することを約します。

 

もちろんそのRBA インターナショナル活動にゴールはありません。私達の活動は、山に登る行為を活動といっているのではなく、山脈を踏破すること、その行為そのものを活動といっています。極論すれば山脈を歩き続けること、そのものがRBA インターナショナル活動、といっても言い過ぎではありません。

 

今年も、共感と感動の触れ合いの旅を力強く歩みゆくことを誓い、挨拶とさせていただきます。

2012年1月

特定非営利活動法人(NPO) RBA インターナショナル

会長 久米 信廣

読む 1402 回読まれました
 

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン