RBA International.

2010年の回顧と展望 RBAI 会長メッセージ

Message from Chairman

 

「類が友を呼ぶ」ために

 

しも、馬が合わないと友達を変えた経験があるでしょう。上手くいかないと彼氏や彼女と別れたことが二度や三度はあるのではありませんか。ある友人は苦しんで別れたのに、そして再婚したのに、同じ悩みで悩んでいます。

 

に、「類は友を呼ぶ」結果なのです。結婚相手の問題ではありません。何度離婚しても、何度結婚しても、同じ悩みを抱える結果になる道理です。

 

だからこそ「類」を変えない限り、「友」は変わりません。この「類」こそ自分なのです。自分が変わらなければパートナーは、変らず同じ悩みを抱えることになるのです。

 

は往々にして、日々、他人を変えようと努めているのではないでしょうか?原因を自分ではなく、よそに求めていこうという姿勢です。善因善果、悪因悪果という事を口にして、だから結果に責任を負わなくなります。

 

私たち RBA インターナショナルの活動は、そんな流れに異議を唱えるものです。私たちの活動は、他に責任を求める「他責」ではありません。自分の方に責任があるとする姿勢、「自責」の運動なのです。

 

私たち RBA インターナショナルは、この一年間、「類」である自分を変えるための活動を前年に引き続いて展開してきました。自分を変えない限り、私たちが思い描くような日々を生きることができないと考えているからです。そして、この私たちが一年間走り続けることができたのは、この「自責の運動」に共鳴し、この運動に賛同し、真心の応援を下さった多くの方々のお陰なのです。

 

だからこそ、継続することが運動の目的となるのです。だからこそ来年もまた、活動を続けます。自分を変える「善意の連帯」を拡大するために・・・ 300年後に生まれくるこども達に今以上の地球環境を残しゆくために・・・

2011年1月

特定非営利活動法人(NPO) RBA インターナショナル

会長 久米 信廣

読む 1407 回読まれました
 

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン