RBA International.

2014年の回顧と展望 RBAI 会長メッセージ

Message from Chairman

 

内なる欲望に立ち向かうRBA活動

 

2014年は日本でも世界各地においても、痛ましい事件や紛争が頻発しました。未来を見据えて努力・忍耐を重ねるという生き方よりも、目の前の課題のみに集中し、今に成果を求める生き方が、自己中心的な心根から生まれる人生観が、事件や紛争を生んでいるように見受けられます。

 

の人生観は、他人を信じず、信ずるのはあくまでも自分であり、後世を考えることなく、どこまでも自分が中心、というものでしょう。それは、内なる欲望を制御できない精神性に根本原因があります。自分を満足させたいという欲望、世間は自分一人のためにあるという傲慢、そして自分以外を犠牲にできる残酷性がそういう事件や紛争を起こしていると言えましょう。

 

ネスコ憲章の前文は、「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」と、その内なる欲望を制御できない精神性に対する戦いの重要性を、見事に述べ、平和への方途を示しています。

 

た、ブダペストクラブ(世界賢人会議)の創設者であるアーヴィン ラズロ氏は、「今日、世界の平和が私たちの心の平和に決定的に依存しているという洞察ほど重要なものはありません。人々の心の平和を達成することこそ、世界の平和を達成する不可欠の前提条件なのです。」と指摘しています。

 

ころが、この一年の出来事は、これらのすばらしい宣言や指摘の言葉にもかかわらず、真逆へと向かっていると肌身で感じる一年でした。だからこそ、今、内なる欲望に打ち克つ人間文化を示さなければならない、そのためのRBA活動を推進しなければならないとの使命感を抱くのです。

 

たちRBAインターナショナルは、新たなこの一年、政治・宗教・思想に囚われることなく、内なる欲望に打ち克つ平等公平の相互関係を目指したRBA運動を推進します。全ての人間の「一回しかない人生」にとって、「それは、毒か薬か」の価値観に従って、今再び生命の尊厳を基に、人間を尊重する文化運動を、そして、環境を尊重する学術交流を、有言実現していきます。

 

2015年1月

特定非営利活動法人(NPO) RBA インターナショナル

会長 久米信廣

読む 1390 回読まれました
 

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン