RBA International.

セルビア共和国オブレノバツ市公立高校へ支援

セルビア共和国・オブレノバツ市

【1月22日】

2015年1月22日、RBAインターナショナルは、セルビア・オブレノバツ市にあるギムナズイヤ ウ オブレノヴツ公立高校(Gimnazija u Obrenovcu)に寄付をしました。

RBAインターナショナルは活動の一環として、2001年旧ユーゴスラビア連邦共和国時代にコソボの子ども達のためにチャリティ・コンサートを開催しました。もともとは、1990年代から続いた激しい民族対立と経済の疲弊により、多くの子どもが厳しい状況におかれているのに心を痛めた久米会長が〝何とかしたい〟 と活動を始めたのがきっかけでした。その後、2009年にRBA野球に「セルビア大使杯」を寄贈いただく一方、RBAIはアーティストの支援活動も行っています。

昨年5月、セルビア共和国は大規模な洪水に見舞われました。そこでRBAインターナショナルが支援を申し出たところ、駐日セルビア共和国大使館からギムナズイヤ ウ オブレノヴツ高校への支援依頼があったものです。

公立高校があるオブレノバツ市は、首都ベオグラードから南西約30kmのところにある人口約2万5千人の中規模都市です。ギムナズイヤ ウ オブレノヴツ公立高校は1922年に開校され、現在では16クラス、450名の生徒が在籍しています。過去数年では、学業成績が素晴らしいことで広く知られている学校です。

 

学校.jpg学校2.jpg

 

寄付は、ギムナズイヤ ウ オブレノヴツ高校の環境を良くする為に使われます。生徒たちの安全をとても大事な要素と捉えている同校は、監視システムの導入を希望され、RBAIはそのお手伝いをすることが出来ました。

プロティツ校長からは、「個人的に強調したい事とは、こういった苦しい、修復時期に貴団体から頂けた助けや応援は、とても大事な意味を持っているということです。頂いた寄付に感謝し、我々の友好関係を今後更に強化させていくのを楽しみにしております」と感謝状をいただきました。

海外からの寄付受付けに厳しいセルビアへの支援に時間はかかったものの、助けが必要な時こそ、それがどの国であろうと助けの手を差し伸べる。今後も、そんなごく普通の事をごく普通にできるRBAインターナショナルであり続けます。

 

学校被災2.jpg学校被災.jpg

被災した学校

感謝状.jpg

プロティツ校長からの感謝状

読む 1643 回読まれました
 

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン