RBA International.

RBAインターナショナル 川口特別支援学校で学用紙贈呈式 「紙価を高めたい」小池校長

川口特別支援学校

【9月1日】

紙3-1.jpg

小池氏(左)と金畑氏

 

 第三企画の川口印刷工場(第三インプレッション株式会社)で発生した商品にならない余り紙を学用紙として寄付する、RBAインターナショナルによる学用紙贈呈式が9月1日、川口特別支援学校で行われました。贈呈は埼玉県 の協力によって実現したもので、同じような贈呈式は8月4日の埼玉県立草加かがやき特別支援学校、8月18日の埼玉県立越谷西特別支援学校でも行われています。

 今回の贈呈式には、RBAインターナショナル理事・金畑長喜氏(元野村不動産アーバンネット社長)が出席。金畑氏は、「RBAインターナショナルは青少 年のために27年間活動を行ってきました。余り紙の寄付だけでなく、卒業生を採用する道も開いていきたい」と挨拶しました。

 これに対して、同校・小池浩次校長は、「多大な寄付を賜り身に余る光栄。紙価を高めるよう使わせていただく」と、「評判が高く、紙の値段があがる」意の故事をもじってお礼の言葉を述べました。

 同校は昭和50年、「埼玉県立川口養護学校」として開校。小・中学部で定員は116名。同51年に高等部を新設。平成21年、現在の校名に変更。在籍生徒数は254名、教職員は133名。

 

紙3-2.jpg

関係者が記念写真

 

紙3-3.jpg

川口特別支援学校

 

RBAインターナショナル 学用紙を埼玉県立草加かがやき特別支援学校に寄付(2015/8/4)

RBAインターナショナル 草加に続き越谷西特別支援学校へも学用紙寄贈 (2015/8/17)

読む 1892 回読まれました
 

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン