RBA International.

「自粛下の子どもたちに役立てて」 楽しい雑貨、次年度分も前倒しで贈る

 RBAインターナショナル(RBAI)と第三企画は2月24日、先の5園に続き、次年度事業分の寄贈先である埼玉県内の児童養護施設5園へも「楽しい雑貨」を寄贈しました。

 緊急事態宣言下で不自由な生活の続く子どもたちに1年後ではなく今、可愛らしい雑貨を届けることで、少しでも日々を楽しく過ごせるようにと願いを込め、前倒しで発送。箱の中には、「RBAプラザ ジェニーのギフトショップ」の商品から子どもたちを思いセレクトした、ぬいぐるみ、紙石鹸、動物雑貨、季節用品などがいっぱいです。

 様々な事情で家庭を離れて暮らす子どもたちのために、児童養護施設へプレゼントを贈る活動で、2018年にスタートしました。初年と2年目は県立3園を対象とし、3年目の昨年から4年計画で、県下の民間19施設への寄贈を進めています。今回の寄贈先は、雀幸園(熊谷)、あゆみ学園(羽生)、若竹ホーム(上尾)、光の子どもの家(加須)、エンジェルホーム(春日部)の5園。

 

IMG_7007.JPG

IMG_7008.JPG

読む 123 回読まれました
 

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン