RBA International.

私立19施設への「楽しい雑貨」寄贈活動、無事〝完走〟

 

 RBAインターナショナルと第三企画は2月9日、埼玉県内の5つの児童養護施設へ、今年も「楽しい雑貨」を贈りました。2020年から年に数施設ずつ進めてきた私立19施設への寄贈活動は、今回が最終回。新型コロナウイルス感染症流行のためお届け方法の変更などありながらも、おかげさまで無事に完走することができました。

 児童養護施設では子どもたちが様々な事情で家庭を離れて共同生活を送っています。今回の寄贈先は桑梓(本庄)、カルテット(さいたま)、泰山木のある家(熊谷)、ふれんど(羽生)、はなこみち(深谷)です。訪問により善意を直接届けるのが本来の活動ですが、今回はまん延防止等重点措置の適用下で訪問見通しが立たないことや、コロナ終息を待つよりも今この我慢続きの日々を生きる子どもたちに少しでも役立てばとの思いから、昨年同様にレターを添えてプレゼント箱を送付しました。

 今回の「楽しい雑貨」は、子どもたちが元気に笑顔で新年度を迎えられるよう願いを込め、ファンシー文具、人気キャラクター柄のハンカチ、マスクや除菌シートなどをセレクトしました。また、光るヨーヨーや、紙を切り貼りして髪を作るペーパークラフト「かみのびようしつ」など、幼児から遊べる玩具も一緒に詰め合わせています。

 私立19施設への寄贈活動は、年4~5施設ずつ4年間の予定でスタートしました。昨年の寄贈の際、自粛下の子どもたちのささやかな喜びになってくれたらと、本年度分を前倒して10施設へ送付したことにより、1年早い完了となりました。3年間の活動を支えてくださった皆様に深く感謝申し上げます。RBAインターナショナルはこれからも300年後の子どもたちのため、活動していきます。

 

IMG_7424.JPG

「楽しい雑貨」プレゼント箱の例。ディズニー、すみっこぐらし、ミニオンズなど人気キャラクターのアイテムをたくさん詰め合わせた。マスクケースなど細かいものも含め、総数約430点。子どもたちが笑顔になりますように―

 

「自粛下の子どもたちに役立てて」 楽しい雑貨、次年度分も前倒しで贈る(2021/2/26)

埼玉の児童養護施設へ「楽しい雑貨」を寄贈(2021/2/10)

私立の児童養護施設へ「楽しい雑貨」を寄贈(2020/5/31)

 

読む 118 回読まれました
 

 

ログイン

アカウントでログイン

ユーザ名 *
パスワード *
自動ログイン